東鉄タクシー株式会社は、輸送の安全の確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、
全社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図り、
安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定め、周知する。

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させ、また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
  2. 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全の向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。
  4. 安全マネジメントを全社員が一丸となって確実に実施し、PDCAサイクルの徹底により、継続的に見直しと改善に努めます。

貸切バス事業者
安全性評価認定
日本バス協会ホームページ